相続税について

相続の申告を多数行っている中で考えることがあります。

「相続税の計算は、遺産の分け方が決まらないとできないんですよ。ですので、家族で話し合って、内容が固まったら教えてください」

このようなことを言う税理士には絶対に依頼しない方がいいです。

なぜなら、相続税は遺産の分け方次第で何倍にも変わってしまう恐ろしい税金だからです。お気持ちだけで遺産の分け方を決めてしまったら、せっかく相続税を少なくできる特例も受けられなくなってしまうこともあります。

もちろん、最終的には家族の気持ちを優先して遺産分割を決めるべきですが、税理士として、まずは相続税のことだけを考えた場合に、最も税額が少なくなる分け方を提案すべきです。

そしてその中でご遺族の方の気持ちをいかにくむことができるか。

しかし、遺産の分け方は、それこそ無限通り存在しますので、税額が最小となる分け方を算定できない税理士が多いのです。費用(報酬)が安い税理士は、こういったアドバイスをしっかりしてくれない可能性があるので注意が必要です。

もし、遺産の分け方を考えてきてくださいと言われたら、こう切り返しましょう。

「遺産の分け方次第で相続税は何倍も変わると聞きました。相続税が少なくなる分け方をご提案いただけませんか?」

これで言葉に詰まるようであれば、その税理士は相続税に強い税理士とは言えないです。

相続税の申告に不安を覚えている方はこのように言ってみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です